読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

plus +

毎日にわくわく と どきどきを

AWOMBへいってきました

大学時代のお友だちと京都でランチ。

近況報告とすこしの愚痴は、定期的に行わないと溜まって醗酵して爆発しそうになるのです。

 

ですが今日の最大の目的は前回のリベンジ!

 

…前回食べられなかったAWOMBの手織りずしを食べに行ってきました。

 

AWOMBへ行ってきました

AWOMB(アウーム)の開店時間は12時

ですが、前回1時間前に到着してだめだったので、今日は10:30に到着

売り切れの看板は出ていなかったので、お店沿いに並びます。

 

開店1時間前に、受付をしてメニューを頂きます。

この受付でようやく売り切れかそうでないかがわかるのです。

わたしたちは20番台、なんと一巡目の一番最後でした。ぎりぎり!

 

ちなみに後ろのお客さんは、一巡目のお客さんが入れ替わった二巡目に入れる方もいましたが、数量限定のため売り切れと言われているかたも多く見受けられました。

どうしても食べたい方は、最低でも1時間半前に来た方がいいのかも…

 

開店30分前に注文を聞きに来てくれます。

追加の注文も出来るのかもしれませんが、メニューは手織りずしと4つのドリンクと4つのデザートとシンプルなので、あんまり迷いません。

注文をしたら、のんびりとお外で待ちます。

車通りが多く、日陰もあまりないので、夏や冬は待つのがしんどいかもしれません。ご注意を!

 

12時すぎからすこしずつ入店。いよいよです!

 

手織りずし特上

f:id:norsy72:20160507235036j:plain

前回の雪辱もあり、ふたりとも特上を注文

おつくりの種類が上よりも多いものです。普通のネタは、たぶん同じ。

 

f:id:norsy72:20160507235251j:plain

ネタがたくさん!

厚揚げ卵に抹茶が練り込んであったり、湯葉の表面を焼いたものだったり京都らしいものも多くて、食べるのが楽しい。

薬味もたくさんの種類があって、クリームチーズは何につける?ガーリックどうする?みたいな会話をしながら、自分オリジナルの巻きずしをつくれます。

 

海苔の枚数が圧倒的に足りないので、最後は海鮮丼のようにしていただいたり、そのままいただきました。

 

f:id:norsy72:20160507235323j:plain

お魚は分厚く切られているので、巻こうと思うと身がはみ出るくらいボリュームたっぷり!

上手に巻くには、たぶんひとつの角を残し四隅を折る方法が一番だと思います。

 

特上は数量限定なので、絶対に食べたいという方は早めに受付をされることをおすすめします!

 

自家製辛口ジンジャエール

写真を撮り忘れた、ジンジャエール

すりおろしたショウガがたっぷり!ぴりっと辛くて大人の味です。

飲んでいるとストローにしょうがが詰まってしまうくらいのたっぷり感。

手織りずしを楽しんだ後、お口がさっぱりとするのでおすすめです。

 

お友だちが飲んでいた、青梅ソーダも美味でした。

 

キルフェボンで舌鼓

ゆっくりお話ししたいところですが、アウームは二巡目のお客様のことを考えて、食べたらはやめに出るのがマナーということで、二件目へ。

 

三条にあるキルフェボン、タルトの有名なお店です。

高瀬川沿いにあり、テラス席からは川を観ながらゆっくりタルトを食べられるとあってとても人気のお店。

普段は2時間待ちなんてザラです。

 

が、今日はなぜだか30分待ちで入ることが出来ました。

30分って長く感じますが、中でタルトを選んでいたらアッという間です!

高瀬川沿いではありませんでしたが、お店に面したテラス席へ

 

柚子ヨーグルトタル

f:id:norsy72:20160508001245j:image

春限定の柚子ヨーグルトタルトをチョイス。

ぷるぷるの柚子ゼリーが爽やかで、見た目にも美味しいタルト。

手織りずしを食べた後でも、あっさりとしているのでぺろりと食べられました。

 

友人は付き合って9ヶ月の彼から仮プロポーズをされているということで、たくさんのろけ話を聞いてきました。

結婚式の具体的な話し合いを聞いていると、遠い世界のようだけれど、すごく参考になることばかり。とりあえず、貯金はあればあるほどいいのですね。

 

友人ののろけを聞いていると、最近愚痴っぽくなりがちだった、彼のいいところに気づかされることも。 なんだか、しあわせオーラで浄化された気分です。

わたしも、もっとおおらかに彼を受け入れられるようにならなくては。

 

まとめ

AWOMBへ行きたい方は、休日は遅くとも1時間半前には到着したほうがいいと思います。

数量限定がどうしても食べたいという方は、2時間前にはついておくと安心かもしれません。(前の方に並んでいらした方が2時間前到着と言っておられたので…)

平日は休日ほど混んではいないと思いますが、学生が多い町京都なので、油断は禁物です!

 

キルフェボンも普段は待ち時間が長いので、早めに行って受付を済ませておくことをお勧めします。

その際、店内かテラス席か希望を聞いてくださるので、希望があれば伝えておくといいです!特に希望がなければ、「空いていたらテラスがいいけれど、店内でもOK」くらいに伝えれば良いかと思います。

夏の高瀬川沿いのテラス席は、蚊に噛まれるのでご注意を!笑

 

 

図らずしも、2016年にやりたいことのひとつ、アウームの手織りずしを達成できました。

それもこれも、こうやってやりたいことを書いて、まわりのひとに言葉にして伝えているからだなぁと思います。

やりたいことを伝えていると、誘ってくれる人やアドバイスをくれる方がいいタイミングで必ず現れてくれている気がするのです。

 

超大型連休だった今回のGWも、もう残すところ明日だけ。

元気があれば神戸へ写真展、元気がなければ仕事の英気を養うためにおこもりしようと思います。

 

 

twitter

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

 

広告を非表示にする