plus +

毎日にわくわく と どきどきを

そうだ京都、いこう

土曜日がお仕事で潰れてしまった関係で、本日はおやすみ。
平日ならばいつも人の多い京都も少ないのでは?と思い、リアル「そうだ京都、いこう」してきました。

 

今回は、写経とゆるりお寺めぐりの旅。
せかせかせず、平日の京都をのんびりと楽しもうと思います。

 

 

今回は予約しなくても写経が出来る 建仁寺

f:id:norsy72:20160128215520j:plain

これは三門。奥にうっすら見えるのが法堂です。
参拝料を払い、方丈へ。方丈のなかで写経体験ができます。

 

f:id:norsy72:20160128220458j:plain

入ってすぐに圧巻の風神雷神図屏風
これは本物ではないのですが、しかしやっぱり迫力があります。すごく近くまで寄ることが出来るし、建仁寺のなかはすべて撮影OKと、カメラ女子には嬉しいです。

 

 

売店で御朱印帳を預け、写経の紙と筆ペン、書き方の紙をいただきます。
渡り廊下を渡ってすぐの写経場でのんびり自分と向き合って写経をスタート!

f:id:norsy72:20160128223203j:plain

こんなかんじで、うっすらと般若心経が書いてあります。
筆ペンになれていないので上手く写せない…とにかく一画一画丁寧になぞる事だけに集中します。

 

f:id:norsy72:20160128223605j:plain

ここまで終わった所で事件が。
写経場は隙間風が入ってくるので、ただただ寒い。指先がかじかんで上手く動いてくれなくなってきました。コートを羽織り、指を温めながら再開!

と思ったら、観光客の中国人にひたすら写真を撮られる。横から前から後ろから、よくわからないけれど、ポージングの指定までされてしまい、全く集中できなかったです。この時期観光客がとても多いので、覚悟した方が良いかもしれません…

 

1時間以上かけてようやく完成

f:id:norsy72:20160128224055j:plain

後半の集中の乱れがとても出ていますが、とりあえずは完成!
右為と書かれている所の下に願い事を、写経願主の下に自分の名前を、最後に今日の日付を記入したら般若心経の完成です。
書き終わった後の達成感で胸がいっぱいで、寒さなんて吹き飛んでしまいました!

 

さっそく、御朱印を預けた売店へ写経を納め、御朱印をいただいてきました。これで、100のことリストにあげている「写経をする」達成です。今度は暖かい時期にもっと上手な字で納めたいと思います。

 

そのあとは建仁寺のお庭をぶらり。

 

f:id:norsy72:20160128225056j:plainf:id:norsy72:20160128225123j:plain

枯山水のお庭がなんとも素敵です。今日は冬の曇り空なのでなんだか寒々しい印象ですが、それも趣が有っていいですよね。紅葉の時期や新緑の時期がおすすめということなので、また別の時期の別の顔を観るのが楽しみです!

 

f:id:norsy72:20160128225145j:plain

法堂の天井の竜は迫力があります。かっこいい!

 

 

お昼は豆寅の豆すし

これは秋に訪れたときのものです。(ひとりだと恥ずかしくて写真が取れなくて…)

f:id:norsy72:20160118004638j:plain

左からにしんの煮たもの、湯葉のあんかけ、柿のなます
秋だったので紅葉が添えてあってとても季節を感じました。

 

f:id:norsy72:20160118004739j:plain

エビイモ ししとう サツマイモの天ぷら
エビイモがほくほくで甘くておいしかったです。

 

f:id:norsy72:20160118011359j:plain

豆すし

舞妓さんのおちょぼ口でも食べられるように 小さめに握ってあります。
秋だったので松茸がいただけました。
季節によってお寿司の中身が変わるので、四季折々で楽しめます。

 

f:id:norsy72:20160118011604j:plain

デザートは黒糖わらびもち!
あたたかいお茶とともにしみじみ堪能しました。

 

 

少し歩いて…八坂庚申堂

入口で写真を撮っていると見知らぬおばあさんに話し掛けられました。どうやらここは「見ざる言わざる聞かざる」発祥の地なんだとか。日光東照宮よりも歴史が長いそう!
八坂庚申堂での目当てはこちら

f:id:norsy72:20160128225700j:plain

カラフルで可愛いこちらは「くくり猿」というそう。欲のまま動く猿の手足をくくり、欲望を我慢する様子がこちらのくくり猿なのです。心をコントロールするアイテムなんだそう。欲まみれのわたしにぴったり!と思ったのですが可愛い色のくくり猿が無く、今度来た時にお預けしました。

 

f:id:norsy72:20160128231509j:plain

手作りされているこのお猿さんは日によって色が違い、柄付きも出たりするので訪れた際にはチェックしてみてください!ここレポートレート撮ったらおもしろそう!

 

 

坂を下って、六波羅蜜寺

こちらは平清盛があることで有名なお寺です。このお寺で、縁結びも、出世も、金運もすべてアップしてしまうというすごい力のあるお寺なのです。

f:id:norsy72:20160128232115j:plain

こちら金運の弁財天さま
こちらに書いたように、いまわたしは非常に金欠。

なので、弁財天さまにとにかくお金の循環がよくなるように、必死にお願いしてきました。これで金運よくなるかしら…

なんと見逃していたのですが、六波羅蜜寺には「銭洗い弁天」なるものがあるそう。ここで小銭を洗うと財運がアップするみたい。
気が付いていれば…!六波羅蜜寺もまたリベンジします。

 

f:id:norsy72:20160128232151j:plain f:id:norsy72:20160128232201j:plain

 

六波羅蜜寺で楽しみにしていたのが、「一願石」
ひとつだけ願い事をしながら、金色に塗られた金文字を手前に3回まわすと願いがかなうというもの。こちらでは金運だけ願うつもりだったので、お財布の中が寂しくならない様に願いながらくるくるくる。

そのお隣にいらっしゃる十一面観音像は、縁結びや夫婦円満のご利益が授かれるそう。こちらには、彼氏の千葉さんと長く続くようにお願いしてきました。最近少しマンネリを感じているので、いいきっかけになればいいなあ。

 

あみぐるみのだるまに合格と書かれたものを発見。その下には千羽鶴。誰かが受験の願掛けでおいていったのかしら。近くにいたおばあさま方が、がんばれと応援していらっしゃって、素敵だったので、わたしもこの方が合格しますようにとお願いしておきました。

 

f:id:norsy72:20160128232212j:plain

無事かえるの石を見つけました。本物のカエルが石にへばりついてるみたいでかわいい!思わずくすっとなりました。かえるくんを撫でて岐路に向けててくてく。

 

 

疲れたので、再び四条河原町へ戻り喫茶ソワレ

高瀬川に面した純喫茶な渋い店構え。だけど、中に入ると青 あお アオ!
ここに来たからには注文は一つ。ゼリーポンチ!

f:id:norsy72:20160128232827j:plain

よく写真で見るこの青、実はライトが反射しているから。透明なソーダ水にカラフルなゼリーがごろっと入っていてすごく可愛い。疲れた体に炭酸がしゅわしゅわ染み込んでいくのがわかる。レモンをきゅっと絞ると酸っぱくなって味にアクセントが付く!
素敵な写真が撮れました!

 


天気がどんより。雨が降る前に、京都リスン

とてもスタイリッシュにお香が並べられているこのお店は、emiさんが以前に紹介されていて気になっていたもの。何を買おうか決めきらず迷いに迷ってこちらを購入!

f:id:norsy72:20160128232717j:plain

冬の香りがするそうです。なんだかどきどきしちゃいます。お香のイメージもすごくすてき!使うのが楽しみです。

 

 

ゆっくりと旅したのは、なんだか久しぶり。
とてもゆったりとした気分で自分と向き合えたように思います。そういうところは、ひとり旅ならではですよね。
遠い場所もいいけれど、近場でのんびりというのも楽しいですね。

 

明日からのお仕事の元気、チャージできました!

 

 

twitter

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

 

広告を非表示にする